新型コロナウィルス対応について

4月ですね。本当ならば新年度で期待いっぱいの時期ですが、新型コロナウィルスにより、学校も社会も新年度を感じる状況ではないですね。

としこ音楽療法研究所の活動の中心となっている、
地域での高齢者対象の皆様へ、健康を維持しコミュニティを大切にする活動を行っていましたが、新型コロナウィルス感染予防を鑑みて、4.5月の活動をお休みにします。

当活動の会では、『集団で大きな声で』が、嚥下を訓練すること、筋肉を使うこと、皆で笑い合うこと、ストレスの発散等の健康維持のために行っていたことが、新型コロナ感染の3密に当たってしまうことに。

参加者の方は、独居者の方も多く誰とも話をせず1日過ごすこともあります。そんな方の健康維持に役に立っていたようですが、この状況でどうなるんだろうと不安をお話しされます。今はコロナにかからないこと!が第一です。今まで会でいろいろな話をさせてもらいました。フレイル、サルコペニアの語を忘れないでしょう。
会の皆さんはとても前向きな方が多いので大丈夫です。
薬が出来て医療体制や世の中のコロナに対する見通しが立てば、活動もできるでしょう。

皆様が健康で元気でまたお会いできることを願っています。

(このHPは今夏で閉じる予定です)